投げ釣りで遠投するには

投げ釣りをはじめたけど思っていたほど遠投できない。

投げ釣り初心者あるあるですね。

どうにかして問題解決したいものの、遠投にはいろいろな要素が絡んできます。

  • ロッドの硬さ
  • リールのライン放出性能
  • 錘(仕掛け)の大きさや重さ
  • ラインの空気抵抗
  • 風の向き
  • 投げ釣りのテクニック

いきなりすべてを矯正するのは難しいかもしれませんが、今すぐ飛距離を1色(25m)伸ばすのはとっても簡単だったりします。

スポンサーリンク

一番の敵は空気抵抗

どんなに上手なキャスターでも向かい風では遠投できません。
逆にあまりうまくない人でも追い風が吹けば遠投できたりします。

それほど投げ釣りにおいては風の抵抗が大きいのですね。

そこで、この空気抵抗をできるだけ小さくしてやれば飛距離がグッと伸びるというワケなんです。

PEラインを細くしてみる

ラインというのは100m以上先の着水点まで空気抵抗を受け続けるため、細くするだけで簡単に飛距離が伸びてしまいます。

例えば0.8号のPEラインから0.4号に落とすだけでも、その他が同じ条件なら1色以上遠投できるようになります。

天秤をタングステンに変えてみる

タングステンは鉛より重いので、同じ重量なら小さくすることができます。

つまり天秤または錘を鉛からタングステンのものに変えるだけで、空気抵抗を小さくすることができるのです。

タングステンの天秤といえばダイワのトップガンとか FUJIのタングステンデルナー天秤があります。

投げ竿の硬さが自分のレベルに合っているのか

PEラインを細くして天秤を小さくすれば、それだけで飛距離が伸びて遠投できるようになります。

投げ方や技術的な部分は1日でどうにかなるものではないので、地道に練習していくしかありませんね。

ただ一点だけ注意してほしいのは、投げ竿の固さが自分の体格やレベルに合っているのかという点です。

投げ釣りでは30号が基準というような説明がされることが多いですが、初心者にとって30号はなかなかハードな固さです。

投げ釣りに慣れれば30号が何にでも使える万能ロッドとなりますが、これから投げ釣りをはじめるなら23号とか25号くらいが使いやすいと感じるはず。

思い通りに遠投できるようになった頃には良いロッドが欲しくなるでしょうから、最初の1本は後でちょい投げに転用できる20号クラスを選んでおくというのも賢い選択ですね!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク