真鯛

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真鯛
海の王様「真鯛」も投げ釣りのターゲットです。
食べておいしいのはもちろんのこと、大型であれば引きも大きく楽しめます。

投げ釣りで真鯛が釣れる時期

春ののっこみ時期には大型が期待できますし、秋には数釣りを楽しむことができます。
時期によって釣れるサイズに差はあるものの、真鯛は1年中狙うことができるターゲットです。

真鯛が釣れる場所

真鯛は塩分濃度が濃く潮通しの良い場所に多く生息しています。
ある程度水深があり(15m以上)砂と岩が絡む場所が最もねらい目となります。

真鯛に効くエサ

真鯛を本格的に狙うなら鉄板はタイムシと本虫!
エサ取りが多い場合には本コウジ・スーパーコウジ、ユムシがおすすめです。
また大型は少し浮いたところで小魚を捕食しているので、冷凍イワシやサンマの切り身なども有効になります。

真鯛狙いの投げ釣りタックル選び

投げ竿・リール

25号から30号の投げ竿であれば7kgクラスの大鯛でも十分に釣ることができます。
シマノならCX-T、ダイワなら30号を選べば間違いありません。
長さは4mが基準で、沖磯などではもう少し長い投げ竿が使いやすいでしょう。

リールは投げ専用の大型リールが飛距離も出て最適です。
最近では軽量なものも出ていますので、重量が気になる場合にはそういったものを選択することもできます。
サイズは使用ラインが200m程巻けるものであればいいのですが、投げ専用リールには大きさの違う替えスプール付きのものも多いのでおすすめです。

ライン

ナイロンなら5号か6号、PEの場合は3号が標準です。
ハリスは6号から8号ですが大型が出る場合には10号程度まで大きくすることもあります。

ハリスに結ぶ釣り針は丸せいごサーフ16号から18号が使いやすいかと思います。

針の上には夜行玉を忘れずに!

テンビン

真鯛は砂地の岩礁周りを狙うことが多いので、根掛かりを回避する意味でもジェットテンビンがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加