磯ぶっこみ釣り専用ロッド!?

遠投の技術が不要なうえに簡単な仕掛けで大物が釣れると密かな人気になっている!?磯ぶっこみ釣り

潮通しの良い沖磯なら足元やハナレ根との間に軽くキャストしてぶっこんでしまえば後は待つだけ!

捨て錘の胴突き仕掛けにはハタ類などの根魚から真鯛、石鯛まで釣れてしまうのが磯ぶっこみ釣りの醍醐味ですね。

しかし磯ぶっこみ釣りというとこれまではあまり専門的に取り組む釣り人が少なかったせいか、専用の道具というのはありませんでした。

3号以上の磯竿か20号以上の投げ竿で代用するというのが一般的だったのではないでしょうか。

しかしここにきてあのダイワがホームページ上にしっかりと「磯ぶっこみ」というキーワードを盛り込んで世に送り出したいわば”磯ぶっこみ専用ロッド”がこれなんです!

スポンサーリンク

ダイワ キャスティズムT 20号-365・Q【CAST’IZM T】

軽快さ、携行性、機動力に優れた振り出し竿に新しく遊動Kガイドを採用。ナイロン、PEを問わず常に道糸がロッドに沿った理想のフィーリングを体感できる と同時にガイド絡みなどのトラブルを大幅に削減。ランガンキス・投げカワハギからショアエビング、サーフトローリング・磯ぶっこみ・軟体系攻略まで幅広い 趣向に応えるラインナップもこのシリーズの持ち味。

このキャスティズム、カテゴリとしては投げ竿に入るのですが、全長を見ればこれまでの投げ竿とは違うということが一目瞭然!

錘負荷は15号から30号まで6種類がリリースされていますが、全長は2.9mから3.85mとかなりのショートレングスになっています。

ショートレングスの最大のメリットはなんといっても自重が軽くなること!

振出投げ竿の上位機種トーナメントサーフの30号と比較した場合、キャスティズムの370gに対してトーナメントサーフは430gと60gもの差があることがわかります。

さらに長さが40cmも違いますから、持ち重りや体感できる重量差はこれ以上になります。

軽くて取り回しが楽になれば間違いなく手返しが良くなりますよね!

手返しが良くなるということは釣果UPに直結します!

キャスティズムの長所を活かす為のリール選び

せっかく軽量で取り回しの良いキャスティズムを使うなら、リールもしっかり選びたいですね!

磯ぶっこみ釣りの醍醐味である磯の大物魚にも対応できるようにドラグ力のあるリールで尚且つ軽量なものといえば?

ロッドはダイワでリールはシマノ・・・ちょっと気になってしまいますか!?

しかしリールに関してキャスティズムにベストマッチするのはパワーエアロ アルブリードCI4以外には考えられません!

投げ用リールというと大型で重量級のものがほとんどですが、パワーエアロ アルブリードCI4は480gと一般的なものより100g以上も軽くなっています。

さらにCFドライブギアで大物にも余裕で対応し、替えスプール付きという死角のなさ!

磯ぶっこみは対象魚やエリアによってPEラインとナイロンラインを使い分けることになるので、太糸仕様の替えスプールは非常に便利です。

キャスティズムにパワーエアロ アルブリードCI4を装着して磯ぶっこみ釣り!

あなたも挑戦してみませんか!?

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク