ディースマーツで本気のちょい投げ

ちょい投げというと投げ釣りの入門編!みたいな風潮がありましたが、最近では投げ釣りの1つのカテゴリーとして定着しましたね。

地合待ちの時間つぶしでちょい投げをやるというのであればサビキ竿やエギング竿の流用で十分楽しめるのがちょい投げです。

しかしあえて”本気”でちょい投げを楽しむという人がかなり増殖中なんです。

投げ竿よりもかなりライトなロッドに極細ラインを組み合わせて飛距離を稼ぎ、キスの小さなアタリでも思いっきり楽しめるのが”本気”のちょい投げの魅力です。

振り出し投げ竿でも20号前後のライトなモデルはたくさんありますが、”本気”のちょい投げはもっとライトなセッティングです。

その旗頭となっているのがダイワのディースマーツです。

スポンサーリンク

ちょい投げロッドの選び方

ディースマーツ

最も短い593TXUL-Sで1.75m、最長の964TMLで2.9mとなっているので投げ竿とは比較にならないライト仕様です。

ディースマーツスペック

出展:ダイワ ディースマーツ

なんと自重85gからと激軽なので女性でも余裕で取り回しできます。

ディースマーツはラインナップが多いのでどれを選ぶか迷ってしまいそうですが、本気のちょい投げをやると考えて絞り込むと簡単です!

振り出しか並継ぎか

機動力を優先して振り出し・・・

と言いたいところですがここは迷わず並継ぎです!

振り出しも決して悪いわけではありませんが、振り切った時の安心感は並継ぎには適いません。

並継ぎといっても本格的な投げ竿の1/3以下の自重なので扱いやすさはバツグンです。

それでいて投げに特化したセッティングで飛距離も稼ぐことができます。

全長と適合錘負荷

せっかく本気でちょい投げをやるなら飛距離を重視しましょう。

飛距離が稼げればエギングロッドのちょい投げで届かないポイントからターゲットを引きづり出すことができます。

そこで全長と錘負荷に注目です。

863Mと943MLを見てみると943MLの方が15cm長いのですが、ルアー重量は863Mの方が余裕があるんです。

このスペックなら10号までの天秤なら振り切ることができます。

つまり、ちょい投げタックルでありながら100m以上の飛距離が狙えるということです!

結論:本気のちょい投げは863Mで決まり!

以上のことから本気の投げ釣りならディースマーツ863Mで決まりでしょう。

仕舞寸法も93cmとコンパクトですし自重は130gですからとにかく楽に扱えます。

飛距離100mとなるとショアジギングや遠投カゴ釣り師でもなかなか飛ばせない投げ釣りの独壇場となるエリアです。

堤防からのちょい投げはもちろんサーフでの仕様もOK。

弓角を装着して青物狙いも楽しめます!

ディースマーツで本気のちょい投げを

いかがでしたでしょうか。

投げ釣り入門者や女性アングラーはもちろん、ガチの投げ釣り師でも楽しめる”本気”のちょい投げ釣り。

激しくオススメします!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク