投げ釣りで激安ラインは使えるのか

投げ釣りのライン選びはどうしてますか?

素直に高級ラインを使う人、安物ラインをこまめに巻きかえる人、色々な投げ釣り師がいますが、ネットで販売されている激安ラインが気になっている人も少なくないのでは・・・?

実は私も無名ブランドの激安ラインを使用した事があるので、検討している人に参考になればということでインプレしてみました。

スポンサーリンク

ナイロンはイケる!でもPEは・・・

投げ釣りのラインとしてナイロンとPEがありますよね。

ナイロンは元々そんなに高いわけではないので無名ブランドの激安ラインまでいかなくても安価なラインはいくらでもあります。

そんな中でもよく使っているのがクインスターです。

安いネット通販なら600m巻きが600円ちょいで買えちゃいます!

これは無名どころか一流メーカーのサンラインのナイロンラインなのですが、この価格でありながらしなやかさも強度も文句なしです。

これの3号で50cmオーバーの真鯛を2回上げてます。

なので大物狙い一本!というような使い方でなければナイロンはこれで問題なしです。

問題はPEラインです。

いろいろ難アリすぎる激安PEライン

有名メーカーのPEラインは値段が高いのでどうしても安いのを探してしまいがちですよね。

例えば有名どころだとDUELのハードコアX4投とかGOSENのPEサーフビート投あたりを使っている人が多いですよね。

ところが無名ブランドになるとこんな感じです。

なんと300m巻きで1000円以下!

有名メーカーの安いラインよりもさらに半額以下という超コスパなんです!

ラインも消耗品ですから、安くていいのがあれば使いたいですよね!

ということで試してみた結果・・・

とにかく太い!太すぎる!

これはレビューなんかを見てもらえればわかりますがとにかく太い!

0.8号表記のものでも1.5号くらいあるんじゃないか!?という位に太いです!

なのでリールに思い通りの量を巻くことは不可能です!

いとも簡単にちぎれる!

天秤を投げてちぎれるとかじゃなくて、力糸と結んで締めたらちぎれました。

直線強力というよりも熱に異常に弱いのではないかと思います。

結束部分に気を使って結べばなんとかなるレベル!?

とてもじゃありませんがこのラインに天秤つけてフルキャストできるとは思えません・・・。

激安PEは投げ以外の用途なら使えるのかも

そもそもこの手のPEラインっていうのは投げ専用ではないんですよね。

マーカーも25mではなく10mになっています。

商品にもしっかりと船・投げ・ルアー・磯etc、要するに何でもOKなラインのようです。

ということでやはり投げには向かないものの用途によっては何とか使えるというものもあります。

管理人が試してみたのは船でのタイラバですが、これなら普通に使うことができました。

といってもノットの結束には相当注意が必要ですけどね。

結論:投げ釣りのPEラインは有名メーカーの商品を!

投げ釣りは飛ばしてナンボの釣りですから、摩擦抵抗・空気抵抗・ライン強度などすべて重要になります。

なのでPEラインを使うなら実績のある有名ブランドのPEラインを使うことを強くオススメします!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク