カニエサ五目釣りがおもしろい!

カニエサ五目という釣りを知っていますか?

その名の通りカニを餌にして五目釣りをしよう!というやつなのですが、これがとにかくおもしろい!

今回はカニエサ五目の魅力をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

カニエサ五目ってどんな釣り?

カニエサ五目というのはゴロタの石ころの裏にいるような小さなカニを使った五目釣りです。

エサ取りが多くなる時期でもカニエサを使えばほとんどのエサ取りをかわすことができるというスグレモノです!

しかも小さいとはいえカニなので釣れる魚もそこそこ大きい!

堤防まわりならカワハギ・チヌ(黒鯛)・カサゴ・ハタ類が狙えますし、磯に行けば石鯛・イシガキ鯛・コロダイ・タマミ・コブダイといった大物が狙えます。

カニエサの捕獲

餌となるカニ(岩ガニ)は釣りをする前にゴロタで拾っておきます。

ゴロタにある大きめの石をひっくり返すと簡単に見つかるのでどんどんバケツに入れていきましょう!

その際は軍手をお忘れなく!

その他にも干潮時の河口付近で少し砂を掘ればクモガニも捕まえることができます。

五目釣りなのでカニの種類を気にする必要はありませんが、しいて言うならいろいろな大きさのカニを捕獲しておくと使いやすいかもしれません。

効率よくエサを集めたいという場合はカニ捕り網を使うという手もあります。

投げ用のカニ網には錘がついていますので、エサを入れたら投げ竿や遠投磯竿にスナップサルカンでセットして投げるだけでOK!

カニ網に入れるエサは臭いの強い鯖やアジの頭が最適です!

着底したら少しシャクってエサの臭いを拡散させましょう。

そこまでできたら15分ほど放置して網を上げればカニが捕獲できます!

カニエサの付け方

カニの付け方はいろいろありますが、理想的なのは手とハサミを取ってしまって胴体を針にかけるという付け方です。

針は取った足の付け根にある穴から刺して、隣の足の穴から出すという感じになります。

ちなみに外した足やハサミはマキ餌にしますので捨ててしまわないように!

釣り方はシンプルにぶっこみ釣りで!

カニエサ五目釣りに難しいテクニックは不要です。

投げ竿20号以上か磯竿3号以上の竿と大型のスピニングリールまたは両軸リール、道糸は大物を意識してナイロン6号以上かPE3号以上を巻いておけばOKです。

ハリス6号に真鯛針10号~12号でも用意しておけば夜釣りの大物にも対応できるでしょう。

ぶっこみ釣りなので中通しの錘でもいいですが、磯場や根がかりの多発するポイントなら捨て錘にするといいかもしれません。

針にカニエサを刺したらポイントへどぼんっ!

堤防際・磯際・船道・テトラの隙間・かけあがりなどのポイントを意識して掘り込みましょう。

仕掛けを投げたら取っておいた足やハサミもパラパラと撒いていくと効果的です。

たったこれだけの簡単な釣りですが、カニエサ五目ではエサ取りにやられにくいので一発かかれば大物の可能性大!

ですがフグにかじられるのは避けられませんから、動きがなくても15分に一度位はエサの状態をチェックするようにしましょう。

カニエサ五目ならエサ代ゼロ円の大物狙いができる!

カニエサ五目はカニを拾い集めておけばエサ代ゼロ円でできる気軽な釣りです。

しかもエサ取りに強く大物が期待できる・・・

これはやるしかありませんね!

カニエサを拾うという下準備が少し面倒ではありますが、それ以上に魅力のある釣りなのではないでしょうか!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク