サーフチェイサーで大物狙いがアツいかも!?

シマノから新しい投げ竿「サーフチェイサー」が発売されますね!スーパースピンジョイとサーフランダーの間を埋める投げ竿となりそうですが実力はどうでしょうか?

スポンサーリンク

サーフチェイサーは全身ハイパワーX搭載!

サーフチェイサーのブランクスはこれまでサーフランダー以上に採用されていたハイパワーXが使用されていますね。これにより投げ竿らしいシャキっとした感触が得られるということと、飛距離・コントロール性能といった面でも期待が持てそうです。

4本継と7点ガイドとの相性は上位機種のサーフランダーに似ているのではないかと思うので、エントリークラスから卒業したいキャスターは要チェックです。ちなみに手元ガイドは折りたたみ式になっているようです。

ハードガイドをどう評価するか

サーフチェイサーで気になる点としてはガイドがハードガイド仕様だということです。sicガイドではないので細いPEラインの使用が前提なら少し気になるとことではありますよね。

最近のハードガイドはPEラインにも対応しているので普通に使う分にはまったく問題ないのですが、キスの引き釣りをするためのロッドを探しているという人にとっては選択肢から外れてしまいそうです。

その一方でナイロンラインの使用を前提に考えている人や、夜釣りで大物狙いがメインという人にとっては、1クラス上のブランクスを低価格で手に入れられるというメリットが大きくなります。

特に太めのナイロンラインで真鯛やカレイなどの大物投げ釣りをする場合ならハードガイドはまったく気になりませんし、複数の竿を出すことになるので頼れるロッドが安く調達できるのはうれしい限りではないでしょうか。

サーフチェイサー

サーフチェイサーは385FX-Tから425BX-Tまで10タイプのラインナップがあるので、ライトタックル派から大物派まで様々な用途に対応しています。ハイパワーX採用の425BX-T(33号)ならコロダイや真鯛の大物狙いにベストマッチですね。

サーフチェイサーはこんな人におすすめ!

スーパースピンジョイがなくなってしまったので、本格的な投げ釣りができるモデルとしては実質的にサーフチェイサーが一番下のランクになりそうです。(ホリデーサーフスピンやホリデーショートスピンはカーボン含有率を見ても本格的とは言えないため)

SICガイドではありませんがガイドセッティングやブランクスは中級以上のレベルになっているので、ナイロンラインを使う投げ釣りをするなら初心者から中級者まで満足できる内容になっているのではないかと思います。

中でも一番お勧めなのは置き竿の大物狙いですね!次のシーズンはサーフチェイサーを3本並べて真鯛狙いはいかがでしょうか!?

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク