投げ竿+弓角でサーフトローリング!

弓角を投げて青物を釣る!

投げ釣りなのか!?と言われるとウゥ~ンとなってしまいますが、管理人は弓角を使ったサーフトローリングが大好きなのです!

ショアジギングよりはるかに飛距離が出るので、ルアーマンの手が届かない場所から青物を引っ張り出すのが何とも快感ですよ!

スポンサーリンク

サーフトローリングにおすすめのロッド(投げ竿)

基本的にはキスとかカレイに使っている投げ竿でOKです。

大物用の33号以上の投げ竿だと固くてバラしが多くなってしまうので、おすすめは20号から30号までの振り出し投げ竿。

サーフトローリングは仕掛けが長いのが一般的ですが、長さを調整すれば良いので投げ竿自体の長さはそれほど気にしなくても大丈夫です。

ちょい投げに重宝する20号3.6mなんて投げ竿も非常に投げやすくて使いやすい!

ちょい投げも磯投げもサーフトローリングもこなしてしまうキャスティズムがやはり万能ですね。

サーフトローリング用リールは軽いものを!

サーフトローリングのターゲットはハマチ・サワラ・シイラ等、主に青物を狙います。

なのでキス釣り用のノンドラグリールは不向き。

そして投げては巻いての繰り返しになるので、あまりに重いリールだと腕がパンパンになってしまいます。

サーフトローリングに適したリールは「ドラグ付、軽量、PE1.5号が200m以上」を満たしているリールです。

となるとここでもキャスティズムがおすすめですよね!(※決してダイワの回し者ではありません※)

新しく出た15PEモデルだと重量は430gでPE1.5号がジャスト200m!

ちょい投げ竿でサーフトローリングまでカバーする場合にはキャスティズムでタックルを組むのが最強だと思います。

クイックドラグも搭載されていて置き竿の釣りもできますしね・・・

これは万能だと認めざるを得ないリールだと思います。

シマノ派ならスーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+ 30

キャスティズムがあまりにも優れているので推してしまいがちなのですが、実は管理人はシマノ派なんです。

シマノがキャスティズムに対抗する軽量なドラグ付リールがスーパーエアロ サーフリーダー SD CI4+ 30です!

スーパーエアロ サーフリーダー SD CI4+ 30

重量430gでPE1.5号が250mとスペック的にはキャスティズムと非常によく似ています。

ナイロン3号が200m巻けるキャパを持っているので、サーフトローリングやちょい投げだけでなく通常の投げ釣りにもいろいろ活用したいという場合にはスーパーエアロ サーフリーダー SD CI4+ 30が良いですね!

あとはジェット天秤と弓角があればOK!

出典:ダイワサーフトローリングに適した投げ竿とリールがあれば、あとはジェット天秤弓角があれば準備万端です。

サーフトローリングではスキップバニー(マウス型の飛ばしウキ)が紹介されていることが多いですが、ジェット天秤があればそれで十分です。

むしろジェット天秤の方が飛距離が出るので好釣果となる事が多いように思います。

仕掛けのセットは右の画像のとおり。(出典:ダイワ キャスティズム)

ジェット天秤の先に5号程度のフロロカーボンのハリスを3mつなぎ、その先に弓角をセットするだけです。

あとは投げては巻いての繰り返し!

弓角の良いところは沖合いまで小さなシルエットの疑似餌を投げられることなんです。

ショアジギングだと重量を重くするとジグのサイズも大きくなってしまいますが、サーフトローリングだとジェット天秤の重さを変えるだけで弓角の大きさは変えなくても良いのですね。

これが最強のメリットになります。

弓角が釣果でショアジギングに負けることはありません。

サーフトローリングは普段の投げ道具に弓角があればできるので、道具箱にぜひ忍ばせておいてくださいね!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク