トーナメントサーフ45!

ライトタックルでの気軽なキス釣りとは対照的に、1匹でも多く釣り上げる超遠投のキス釣りもやめられません!

超遠投を実現するにはロッドとリールのバランスが重要になりますが、今回は遠投最強リールについて書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

遠投したいならトーナメントサーフ45!

トーナメントサーフ45が完全武装してリリースされます!

トーナメントサーフといえばダイワの投げ専用リールの最高峰ですね。

最高峰だけあって各部に最新の技術が盛りだくさんですが、新トーナメントサーフ45は釣果アップ間違いなしの投げ専用リールになっています。

ナナハンスプールで飛距離アップ!

トーナメントサーフ45で一番のポイントは新しく採用されたナナハンスプールです。

「ナナハン」というのはスプールのテーパー角のことで、従来機が6度テーパーだったものが7.5度(ナナハン)に変更されています。

テーパー角度が大きくなることでスプール前端径が従来モデルよりも小さく(小口径)なっています。

前端径が小さくなることでライン放出時にラインが描くループも小さくなるので、元ガイドへの摩擦抵抗が減り飛距離アップに繋がるという仕組みになっています。

ダイワが行ったテストでは同じ条件下で飛距離が4%も伸びたということなので、今までだったらあと1歩届かなかったようなポイントまで仕掛けを投げ入れることができるようになるかもしれません。

マグシールドボールベアリングでラインローラーの耐久性アップ!

投げ釣りでは直接波を被ったりすることは少ないですが、仕掛け回収時にラインが砂浜をひいてくるのでラインローラー部への砂やゴミの巻き込みを避けることができません。

砂やゴミを巻き込むとラインローラー部の破損や滑りの悪さに繋がってしまうのですが、トーナメントサーフ45ではラインローラー部にマグシールドボールベアリングを搭載することでこれを解決しています。

さらにラインローラーがジルコニア製になっているのも見逃せませんね!

大型の投げ専用リールながら375gと軽量!

投げ専用リールは飛距離を求めるためどうしてもボディが大きくなってしまいます。

ボディが大きくなるということはそれだけ重量も重くなってしまうのが普通なのですが、トーナメントサーフ45はZAIONローターとエアメタルボディの組み合わせで大型の投げ専用リールなのに375gと非常に軽量なリールになっています。

何度も投げては回収を繰り返したり、タックルを持って砂浜を移動することを考えると軽いに越したことはありませんね!

トーナメントサーフ45の基本スペック

トーナメントサーフ45

トーナメントサーフ45は05PEとLG05PEの2種類のラインナップになっているようですね。

ラインキャパはどちらもPE0.3号で300m、0.5号で250mと同じになっていて、違いはギア比だけです。

05PEはギア比4.1で1回転あたり75cm、LG05PEはギア比3.5で1回転あたり65cmとなっています。

トーナメントサーフ45はアタリを取ることを優先して65mmのショートハンドルが標準仕様となっていますが、この辺も実釣性能優先の最高峰リールといった感じがうかがえます。

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク