投げ釣りのライン選び

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投げ釣り用ラインの選び方

投げ釣りでは飛距離を出すためにもライン選びは非常に重要です。

使用するラインの種類は主にナイロンラインとPEラインの2種類に分かれます。

PEラインはナイロンラインに比べて強度があるため、同じ強度をを必要とした場合に細いラインを使用できるのがメリットです。

投げ釣りでは飛距離を出すためにできるだけ細いラインを使いたいので、最近ではPEラインを使用する人が増えています。

しかしPEラインは風に弱いという特徴があるので、投げ竿やリール同様にターゲットやポイントに合わせて適正なラインを選択する必要があります。

使い勝手が良く価格が安い投げ釣り用ナイロンライン

ナイロンラインはPEラインに比べて風に強く初心者にも非常に扱いやすいラインです。

投げ釣り専用のナイロンラインを使用すれば飛距離もしっかりと出ます岩礁帯以外ではPEライン以上に優秀な場面も多いハズ!

カレイ狙いなら大物が相手でも2号で十分、真鯛やクロダイなら4号もあれば大物にも対応します。

コロダイやタマミなどの超大物相手の場合には10号以上の強いラインが良いですね。

もちろんちょい投げで小さなキスやカレイを狙ってみたいという場合なら釣具店のワゴンセール品のような激安ナイロンラインでも十分対応できます。

強度があり飛距離が出るPEライン

例えばナイロンラインで3号を巻く必要があるターゲットの場合、PEラインであれば1.5号で対応することができます。

ラインの号数が半分になるので空気抵抗が小さくなり飛距離が飛躍的にアップします。

またナイロンラインに比べて伸びが少ないためアタリ感度が非常に良いのも特徴です。

150m先の小さなアタリもしっかりと竿先に伝えてくれるので釣果UPも期待できます。

しかしPEラインは擦れに弱いので岩礁帯での取り扱いは非常に難しくなります。

根ズレなどでは一発でラインブレイクすることもあるため、対象魚やポイント次第でナイロンラインとの使い分けが必要になります。

またPEラインはナイロンラインに比べて値段が数倍以上と非常に高価です。

投げ釣り専用!力糸って?

投げ釣りでは飛距離を出すためにラインを細くしますが、細いラインで重い錘をフルキャストするとラインが切れてしまいます。

そこでリールに巻いた道糸の先に「力糸」という投げ釣り専用のラインを巻きます。

リールに巻いているラインが2号だった場合、上の画像のような「2~6号の力糸」を結束しその先に仕掛けを繋ぎます。

こうすることで投げた時にラインが切れてしまうのを防ぐというわけです。

最近では道糸に力糸の機能を組み込んだテーパーラインという選択肢もあります。

このラインなら道糸に力糸を結び必要がなく、キャストの際に結び目による減速がないので飛距離が出やすくなります。

ナイロンラインがいいのかPEラインがいいのかは投げ釣りの対象魚のページを参考にしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加