投げ釣りのリール選び

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投げ釣りのリール 選び方

投げ釣りではキャスティングで飛距離が出やすいよう大口径スプールの大型リールを使用します。

有名メーカーが投げ釣り用として販売しているリールであればどれも最低限の条件は兼ね備えています。

あとはどこまで飛距離を求めるか、リールの重量や快適性をどこまで追及するかで選択することになります。

ドラグ付きかドラグなしか

投げ釣り用リールにはドラグ付きのもの、ドラグなしのものの2タイプがあります。

キスやカレイなどを狙う場合にはドラグなしの投げ釣り用リールを使用しますが、真鯛やタマミ、コロダイなどの大物を狙う場合には高性能なドラグ付きリールが必須となります。

どちらのリールが良いのかはターゲットによって違いますので、投げ釣りのターゲットのページを参考にして下さい。

替えスプール付きがオススメ!


いつもはPEラインを使っているけど、風の強い日にはナイロンラインで攻めたい・・・

そういった場合にリールを2台用意できればいいのですが、投げ釣りのリールは大きいので竿ごとにスペアリールを用意するのは大変です。

そこでオススメなのが替えスプール付きのリールです。

シマノやダイワであれば1万円台のリールから替えスプールが付いています!

標準のスプールと替えスプールは糸巻き量が違いますので、片方に太めのナイロンライン、もう片方に細いPEラインを巻いておくという使い方ができます。

リールを2台買うよりも圧倒的にお得ですので、最初の一台こそ替えスプール付がオススメです!

軽いリールは疲れない!


投げ釣り用のリールは大型で重いのが難点です。

中級機でも650g近くありますので、投げ竿にセットした状態だと1kgにもなってしまいます。

フルキャストを1日中続けるわけですから女性や体力に自信がない人は軽量なリールを選択するというのも1つのポイントです。

シマノ・ダイワ共に中級機以上で400g台の軽量なリールが発売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加