大物投げ釣りに!タマンモンスター6000は買い!?

ダイワからタマンモンスターというリールが発売になりましたね!

大物を投げ釣りやぶっこみ釣りで狙うのにちょうど良いサイズのリールで、値段も入門クラスなので複数の竿をセットする置き竿の釣りにも重宝しそうな予感です!

タマンモンスターはウインドキャストがベースになっているリールということなので、どこがどう変わったのかチェックしてみました!

スポンサーリンク

タマンモンスター6000は何が進化したのか


ダイワの公式サイトによるとタマンモンスターは「ウィンドキャストを6000」がベースになっていて、タマン(ハマフエフキ)とのガチンコ勝負に負けない仕様にブラッシュアップしたモデルとのこと。

タマンと言えば投げ釣りでは最強クラスのターゲットですよね。

10号以上の極太ナイロンで挑む釣りになるので、キス釣りで使用している投げリールでは対応できません。

そこで今回は低価格帯のクロスキャストウインドキャストタマンモンスター6000を比較してみることにしました。

自重で比較

クロスキャスト・・・635g

ウインドキャスト・・・610g

タマンモンスター6000・・・610g

クロスキャストが25g重いですがウインドキャストとタマンモンスター6000は同じです。

巻き取り長で比較

クロスキャスト・・・82cm

ウインドキャスト・・・78cm

タマンモンスター6000・・・82cm

ウインドキャストだけが4cm程短くなりますが、超遠投をする釣りではないので誤差の範囲といえるでしょう。

ベアリング ボール/ローラーの数で比較

クロスキャスト・・・3/1

ウインドキャスト・・・4/1

タマンモンスター6000・・・4

微妙に違いがあるように見えますが、このレベルなら使用して体感できるほどではありません。

機能で比較

主要スペックはほとんど変わらない印象の3機種ですが、細かいところはどうでしょう。

タマンモンスター6000にはデジギアⅡ、エアベール、クロスラップ、糸落ち防止機構、ツイストバスターⅡ、キャストロックマニュアルリターン、85mmマシンカットハンドル&パワーノブが装着されています。

といってもこれらの機能は下位機種にも普通に搭載されているもので特に目新しさはありません。

これからタマン釣りを始めるならまだしも、すでに何かしらのリールを持っている人にはあまり魅力のないリールに思えます・・・。

タマンモンスター6000には替えスプールが付いてない!


タマンモンスター6000には決定的なデメリットがあります。

それは替えスプールが付いていないということです!

ターゲットをタマンに絞るなら6000番のスプールだけで十分といえばそうですが、他の釣りで使うことも考えれば替えスプールがある方がいいですよね。

下位モデルであるはずのウインドキャスト6000には10号の替えスプールが付いているのに、タマンモンスター6000は替えスプールなし!

正直言ってこれは納得いきませんね。

リール1つでいいなら替えスプール付きのウインドキャスト6000の方がコスパが良いですし、タマンモンスター6000を1つ買う代金でクロスキャスト6000なら2個買うことができてしまいます。

この価格帯は性能にこだわるところではないので、あえてタマンモンスター6000を選択する理由は見当たりません。

スペック重視ならパワーサーフQDがオススメ!

タマンだけでなく真鯛やコロダイのような大物投げ釣りに最適なリールということなら、パワーサーフQDが圧倒的にオススメです!

このクラスになるとマグシールドやスーパーメタルボディのおかげで剛性感や耐久性も申し分なしですし、クイックドラグも付いているので置き竿の釣りでも非常に使いやすいです。

もちろん替えスプールも付いています!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク